宅建試験 的確な学習プランで試験に挑む

受講する講座が決まったら、次は学習プランを立てる必要があります。その基本は、効率的な学習スケジュールと効果的な学習法。ここでは、初学者に向け、学習期間を半年と想定した場合のスケジュールと学習法の一例を紹介します。

合格をたぐり寄せる学習プラン

戦略立案/累計学習期間:1日

学習を開始する前に、まずは講座に付属する「学習指南書」などで講座内容を把握します。さらに、指南書に記されるスケジュールの立て方や学習の進め方を参考に、半年間に何をすべきかを認識し、学習意欲を高めましょう。

基礎学習期/学習期間:3ヶ月(累計3ヶ月間)

まずは、テキストを通読したりCDやDVDといったメディア教材をひと通り視聴することで学習範囲や内容を大まかに確認。2巡目からは、理解や認識を深めることを目的に不明点や疑問点をチェックする。また、科目や単元毎の小テストがあれば挑戦し、さらなる理解と記憶の定着を目指す。

過去問演習期/学習期間:2ヶ月(累計5ヶ月間)

本試験では過去に出題された問題を取りこぼさず、正確に解答することが重要。そのためには、過去問を繰り返し行い問題の傾向を把握し解き方を攻略する必要がある。もちろん、間違った問題はテキストやメディア教材でしっかり確認。この、〔過去問←→教材〕の繰り返しが圧倒的な実力を養うのです。また、過去問を繰り返し行うことで解答スピードも向上。本試験で必要な、正確かつスピーディーな解答力を養います。

模試挑戦期/累計学習期間:1ヶ月(累計半年間)

基礎学習により蓄えられた知識と、過去問演習により鍛えられた正確さと解答スピードを模試への挑戦で確認。科目や単元ごとの過去問ではなく、本試験と同様の模試を受験することで、現在自分のレベルが合格までどの程度にあるのかを客観的に確認することが目的です。
しかし、結果が悪くても悲観し諦めることはありません。多くの合格者が、「最後の1ヶ月間で実力が伸び、模試を受けるたびに合格へと近づいていった」と証言しています。過去問演習期同様、模試で正解できなかった問題は、テキストやメディア教材でしっかりと復習。本試験までに弱点を克服することができれば、初学者でも1発合格は夢ではありません!

綿密に構成された学習プランを提供する講座は→「フォーサイト

コメントを残す