宅建の試験科目「宅建業法」で苦労しないために

宅建業法は、宅建の試験の中ではいちばん重要性が高い科目だと断言できます。
問題の量も多ければ、合格に必要な点数の配分の割合も高い科目だからです。

宅建業法は、よその科目とは違う意気込みで勉強してもいいくらいです。なにしろ、たいていの合格者は他の科目よりたくさん点数をここで稼いでいますから。

しかしそれは、そんなに宅建業法で苦しむ必要がないという事実の証明でもあるでしょう。毎年の問題がつくられるパーツも決まっています。過去数年間の過去問を洗いざらい読み込みましょう。それで、頻出するパーツについて、どんな形のひっかけ問題が出てきても、ごまかされずに正解を選び出せるようにする、のみです! 応用が利くようにすることが必要ですから、勉強期間の後半なんかに、もし時間があくようだったら予想問題集を買ってみるのもいいでしょう。

ところで、勘違いしないでほしいことを伝えておかないといけません。それは、ひたすら丸暗記しようとするのは、少なくともこの宅建業法ではリスクが大きいということ。条文をもとに問題がつくられるからといって、条文を全部覚えようとするのは無理があります。必須の用語(たとえば、「弁済業務保証金制度」)は、少しは暗記しようとする努力がいりますが。理想的な解決策があるわけではありませんが、過去問をよく解いて、間違った部分を中心にチェックしていくような覚え込み方を中心にするのが、オーソドックスです。