モチベーション維持には断然「通信教育」

宅建試験対策を検討する際、通信教育の受講と独学はしばしば同列で比較されます。
「スクールに通わず自宅で勉強する」という意味合いにおいて、両者は共通しているものの、その実態は似て非なるもの。受験生の皆さんが合格を目指す上で、断然オススメなのは「通信教育の受講」なのです。

それでは、宅建試験対策としての通信教育の受講と独学、それぞれの相違点に注目してみると、最も顕著なポイントとしては「勉強が長続きするかどうか」というポイントにあると言えます。学校に通わず、受験生主体で学習を進めていかなければならないとするならば、どうしても必要になるのが“自分自身を律する心”です。
その点、独学の場合には完全に自分の力だけですべてをクリアし勉強を進めていく必要があるわけですが、一方で、通信教育を受講した場合には受験に向かうための「サポート」が受けられるという点に最大の違いがあると言えます。

人間、放っておくとついつい怠惰な方向に進んでしまいがちな生き物ですから、こうしたフォローがあるのとないのとでは結果が大きく左右されそうですね。

様々な宅建通信教育各社のサポート体制を見てみると、ざっと次のようなサービスを挙げることが出来ます。

  • いつでもどこでも勉強しやすいように開発された「オンライン学習システム」
  • 生じた疑問をサクッと解決できる「質問応対」
  • 勉強以外のお悩みもOKの「相談サービス」
  • 沈みがちなモチベーションをグッと上げる「各種グッズの提供」
  • 大手予備校プロデュースの通信教育ならでは「自習室の解放」「教室授業への出席」

宅建レベルの試験の場合、「通信教育なんてわざわざ受講しなくてもOK」という方も多いのですが、こうした考え方は極めて危険。無事、本試験日まで勉強を続けるためには「モチベーションの維持」が最も重要ですから、受講することで受験生のやる気の部分をがっしりと支えてくれる通信教育は独学以上に学習効果を上げてくれる存在であることは言うまでもありません。