宅建の独学をする前に、テキスト選びで知っておくべき豆知識

独学者が宅建のテキストを選ぶときは、いうまでもなく合格を成し遂げられるようなテキストがいいに決まっていますよね。
つまり、わかりやすいテキストや使いやすいテキストであることが条件となりますが、独学する際に誰でもすぐにわかるポイントと、意外と気づかれないポイントがあるようです。
せっかくのチャンスです、ここでそれを両方とも並べてみましょうか? 

誰でもすぐに気が付く、宅建のテキスト選びのポイント

・文章がわかりやすい
これは必須ですね。法律なんてもともとわかりづらくてややこしいわけです。それをうまく噛み砕いて説明してあることが絶対条件です。

・図解やイラストが豊富に入っている
文字がページをびっしりと埋め尽くしているとそれだけで読む気になりませんね? それに法律の解釈などは、図解で表示するほうが一瞬でわかって合理的です。
場合によっては、マンガが使われているものも有益ですね。

意外と気づかれない、宅建のテキスト選びのポイント

・かさばらなず、どこへでも楽に持ち歩ける
宅建のテキストも、試験範囲を全部盛り込もうとするとどうしても長く、分厚く、重く~となってしまいます。しかしそれだとページをめくるだけでもつらくなります。
独学ならずっと家にこもって勉強するからいいだろうと思う人もいるそうですが、外出中も暇を見つけて勉強するべきですね。となると軽くて薄くて、小さめで~となりますが、内容が少ないのでは困ります。つまり、手頃な分量で分冊されているのがベターです。

・カラフルにつくられている

白黒で印刷されているよりも、カラーのほうがどんなものでも刺激を感じられますよね。これは宅建のような勉強においても重要です。とはいえ、大半のテキストはせいぜい2色か3色刷りです。白黒よりはだいぶましですが、慣れてくると結局単調に感じられてしまいます。
しかし派手な原色が5色くらい使われていると、見た目のインパクトは大幅にアップします。こうしたテキストは製作費がかさむためめったに見つかりませんが、一部の通信講座では毎年必ず採用されており、合格者の増加に貢献しています。