宅建の試験概要

合格率同様、本題に入る前に宅建の試験概要を確認しておきましょう。

宅地建物取引士の試験概要

試験日時・場所

・試験日:毎年10月の第3日曜日
・時 間:13~15時の120分
・会 場:全国の指定会場により実施
・受験料:7,000円

※なお、受験申し込み書は毎年7月上旬より、(財)不動産適正取引推進機構のホームページに記載される全国各地にて配布されています。申し込みは、郵送及び同ホームページからも可能で先着順で希望会場の指定も可能です。

出題科目・出題数

「宅建業法」より20問
「法令上の制限」より8問
「その他の法令」より8問 ※登録講習修了者は5問免除制度により解答数は3問
「権利関係」より14問
上記の4科目から計50問が出題され、内容としては下記のとおりです。

試験内容

・土地の形質、地積、地目及び種別、建物の形質、構造及び種別に関して
・土地及び建物の権利、権利の変動に関して
・土地及び建物の法令上の制限に関して
・土地及び建物の税に関する法令に関して
・土地及び建物の需要に関する法令・実務
・土地及び建物の価格評定
・宅地建物取引業法及び同法の関係法令

※上記③の5問免除制度とは、(財)不動産流通近代化センターが行う講習(受講費:19,000円)の過程を修了した者に限定される制度で、試験の46~50問の計5問が無条件で得点される救済措置です。ただし、受講条件として〝申込時において宅地建物取引業に従事する者〟と定められています。

合格には計画的かつ効率的な学習が必要!

出題数は4科目から計50題。しかも、科目数は少ない反面、網羅される範囲は膨大で、決して簡単でも運だけで受かる試験でもありません。
その証拠に、合格までに有する学習時間は、通常300~500時間とされ、早くて3,4ヶ月、一般的には半年間の学習期間が必要とされています。確実に合格するためには、計画的かつ効率的な学習が必要であることを肝に銘じて下さい。

コメントを残す